愛人契約をした理由【お金で繋ぎとめたい裏切りのない関係】

MENU
RSS

 26歳のサヤカとは3年前に知り合ったのです。
友達が開催した合コンに招かれた事があり、その時何となくという気持ちで出席をしました。
青年実業家たちが集まる、そんな合コンだったことから女性たちも目の色を変えて出席していたのを今でも覚えています。
女性も玉の輿にのりたいという気持ちは強くあるものですからね、私たちの様な青年実業家と言う存在はかなり興味があったようでした。
前の恋人と別れて半年以上が経過していましたけど、新しい出会いもありませんでしたから、興味本位で出席したのですが、とても印象的な女性と知り合うことが出来たのです。
サヤカは大手の会社で働いていたOLさん、とても綺麗な顔立ちをしていって上品さを持った素晴らしい女性でした。
他の女性たちのようにガツガツとしていなかったこともとても好印象で、彼女を中心としてお酒を飲みながら楽しく会話をしていく事が出来ました。
帰りにメールアドレス交換をすることに成功して、あの日から時間を見つけては食事に誘ったりしていました。
当時から仕事が忙しかったこともありましたけど、新しい恋愛をしたい気持ちもありましたから、何とか時間を割いてサヤカとのデートに割り当てました。
その甲斐あってか彼女のハートをキャッチすることに成功して、無事にお付き合いをすることが出来たのです。
正直とても相性が良いって感じました。
今までお付き合いしてきた女性たちよりも、はるかに彼女と息が一致するのです。
お付き合いを重ねるごとに彼女の存在がとても大きなものになっていまして、将来を考えるようになりました。
サヤカの方も自分に対してそのような気持ちを持って接してくれているのも分り、落ち着いたら結婚しようと話し合っていたのです。
しかしここのところかなり仕事が忙しく、ことは嬉しい事ではあるのですけれど、サヤカをほったらかしてしまう結果となりました。
彼女も耐えられなかったようで別の男性を探してわたしの元を去ってしまったのです。